三都杯決勝 / 申込受付中

2018.10.16 Tuesday

0

    三都杯決勝

     

    どのコンテストと比べても、圧倒的で、間違い無く日本一難しいコンテストである「三都杯」。

    予選では、当日課題が初めて発表される「スタイルフォトカット」と、ファッションテーマ“NEO STREET”の規定がある「モデルデザイン競技」の両方で審査され、

    過去最高にハイレベルな予選大会を見事勝ち抜いた猛者 6 名による頂上決戦が、今年も大阪で開催!

    今年も昨年同様、当日初めて会うモデルに対して、要望・悩みをふまえてデザインを作る「リアルサロンスタイルステージ」から始まり、

    ヘアデザインだけでなく、様々な要素をステージ上で表現しないといけない、難易度が圧倒的に高いヘアショー形式の「モデルクリエーションステージ」。

    造ったデザインに対してトークプレゼンテーションも必要な、モデル 3 名のステージは、デザイナーの全てをぶつけて挑む、他では絶対観れないステージです。

    この三都杯の勝者は、クリエーションとサロンワークの両方を兼ね揃えた、まさに「超一流の美容師」。

    年内最後の歴史的な瞬間を、是非体感して下さい。

     

    決勝大会出演者/プロフィール

    標 拓弥 / YAYOI~BRAINS

    年齢 27歳

    美容師歴 8年

    役職 スタイリスト

    店舗数 3店舗FC含め5店舗

    【 受賞歴 】

    受賞歴

    2015 Wella Trend Vision エリアファイナリスト

    2016 Wella Trend Vision JAPAN ファイナリスト

    2017 Wella Trend Vision JAPAN ファイナリスト

    2017 JHCA全国大会出場

     

    種村 暢 / grace

    年齢 25歳

    美容歴 5年

    役職 スタイリスト

    店舗数 3店舗

    【 受賞歴 】

    2016 三都杯 ウィッグデザイン 入賞

    2016 DEBUT STAGE 出演

    2017 KHA フューチャースター部門 ノミネート

    2017 三都杯 U29 デザイナーズ部門

    カラーデザイン特別賞 kakimoto arms 賞 DADA cubic 賞

    2017 三都杯 U29 デザイナーズ部門 準優勝

     

    津村 亜希 / Vi・a hair

    年齢 32歳

    美容歴 12年

    役職 スタイリスト

    店舗数 1店舗

    【 受賞歴 】

    2012 ABCメイク部門準グランプリ

    2014 KHAオフィシャル部門ノミネート

    2016 THAリアルスタイル部門ノミネート

    2017 JHAエリアスタイリスト近畿エリアノミネート

    2018 KHAオフィシャル部門ノミネート

     

    永井 啓之 / TONAI

    年齢 35歳

    美容師歴 15年

    役職 代表

    店舗数 6店舗

    受賞歴 】

    TBC AREA CIRCUIT 2018 京都大会 第3位

     

    別所 裕司 / μ

    年齢 33歳

    美容師歴 12年

    役職 ヘアデザイナー

    店舗数 1店舗

    【 受賞歴 】

    2013 ミルボンDAデザイナー賞

    2015 三都杯デザイナーズ部門優秀賞

    2016 JHA中部エリアノミネート

    2017 三都杯ファイナル出場

    古城隆デザイナーズ賞

    2018 CHAクリエイティブ部門グランプリ

     

    山中 周也 / Marais

    年齢 33歳

    美容師歴 13年

    役職 代表

    店舗数 1店舗

    【 受賞歴 】

    2014 アリミノ フォト プレゼンテーション ノミネート 

    2015 ルベルドリーム ファイナル出場

    2016 三都杯ファイナル出場 

    2016 ミルボンフォトレボリューション ノミネート 

    2017 三都杯 デザイナーズ部門 優秀賞 

    2018 JHA近畿エリア ファイナリスト

    2018 THAリアルデザイン部門 ファイナリスト

    2018 KHA オフィシャル部門 グランプリ

     

    ●日程 2018 年12月3日(月曜日)

    11:45 座席指定開始 | 13:45 開場 | 14:15 スタート | 19:00 終了予定

    ※座席指定は入場チケットの枚数分と引き替えとなります。

     

    ●会場 OBP 円形ホール

    〒540-6120 大阪府大阪市中央区城見2丁目1-61

     

    ●チケット

    S席 ¥4,320 (税込)

    A席 ¥3,240 (税込)

    絆U-25席 ¥1,080 (税込)

    ※ 絆U-25 チケットは25 歳以下の美容師様を対象とした優待価格チケットとなっております。

    必ず年齢をご確認の上でお申し込みください。

    当日は年齢がわかるものをお持ち下さい。

     

    申込:FAXまたはセミナーアプリ等のWEBフォームより受付
    先着順受付

     

     

     

    DREAM BRIDGE PROJECT 2018 USAロングビーチオーディション / 申込受付中

    2018.09.11 Tuesday

    0

      DREAM BRIDGE PROJECT 2018 USAロングビーチオーディション

       

      優勝者には、カリフォルニアロングビーチで開催の、International Salon andSpa Expo 2019にご招待&セミナーステージをご提供!

       

      2018年11月19日(月曜日) OPEN 14:30 START 15:00〜17:00

      会場:シュワルツコフ ASKアカデミー大阪

      ◆エントリー料:10,800 円(税込・アワードパーティー費込)

       

      ◆時間:オーディション受付14:30 〜 スタート 15:00 〜

      ◆会場:オーディション シュワルツコフ ASK アカデミー(堀江)

      ◆定員:50 名

      ◆参加資格:全てのヘアデザイナー

      ◆内容:テーマに基づいたウイッグカット

      ◆テーマ:「グラデーションボブ」

      ※上記のテーマの中、当日ライン設定やウエイト設定、バング設定等の課題が発表されます。

       

      ◆競技時間:30 分(カット〜スタイリングまで)

      ◆審査基準:テクニック/デザイン/立居振舞

      ◆表彰内容

      ・優勝:International Salon & Spa Expo ご招待

      &セミナーステージ & b mac シザー

      ・準優勝:b mac シザー

      ・第三位:b mac シザー

       

      ◆規定

      ・指定ウイッグ(カラー事前仕込み可。台下ワンレングスまでは事前カット可)

      ※当日ウイッグの事前チェックを行います。違反の場合は失格

      ※事前仕込みのカラー・ブリーチはシュワルツコフ商品使用

      ・事前のソギ不可

      ・カットはウエット状態からスタートすること

      ※ウエット状態が甘い場合、当社スタッフが濡らします

      ・アイロン、ドライヤーの使用は、スタート時からOK

      ・コンセントは1 人につき2 口

      ・ウイッグの事前メイクは可としますが、それ以外の装飾(台座に服を付ける等)は不可とします

      ・スタイリング剤は自由

      ・バリカン使用不可

      ・ストップウォッチ、タイマーの使用可

      ◆準備物

      ウイッグ ユーロプレステージip500 黒髪(ブロンドタイプ不可)

      ※ウイッグの事前仕込みは競技規定をご覧ください。

      カット用具一式/スタンドクランプ/ドライヤー/アイロン・コテ/ハンドラ(1300W 以下)/仕上げ道具/タオル4 枚以上/スタイリング剤

      ※当日の道具の貸出はございませんので忘れずにお持ち下さい。

       

      審査員

      Julian Perlingiero

      ティム・ハートリーと並び、サスーンの黄金期を支えたエデュケーターであり、ヴィダルサスーンの直系の愛弟子の1 人。

      彼のもとでトレイシー・サコシッツ(現LA サスーンアカデミーのアーティスティックダイレクター)、ジェラード・スカーパシィ(hairbrained 設立者)等、数多くのクリエイターが輩出された。

       

      Fumi Eguchi

      1980年10月4日生まれ 福岡県出身。1997年、渡米。

      アメリカの美容学校卒業後、ヘアドレッサーとして活躍中。

      2001年〜4年半、TONY&GUYリージョナルエデュケーター

      2002年ソルトレイク冬季オリンピック閉会式ファッションショーDolce&Gabbanaのヘアメイクを担当。

      2012 ・2013 NAHA(North American HairstylingAward)salon team of the year受賞。

      2013年NAHA new comer of the year チーム受賞。

      現在、Lunatic Fringe Salonクリエイティブディレクターとしてセミナー・撮影など多岐に渡って活躍中。

       

      Jeremy Mcdougle

      1986 年 カリフォルニア州出身

      2013 年 NAHA グランプリ授賞。その後ロンドンのサスーンアカデミーにて1 年間カット修行し、ヨーロッパでもコンテスト授賞。現在ルナティックフレンジサロン、13 店舗のカット技術責任者として活躍

       

      NONFICTION Audition 2018 / 申込受付中

      2018.08.30 Thursday

      0

        テーマ「Hyper Volume」

        今年はウィッグオーディションも新設!!

        2018-19FWのコレクションを参考にして、テーマにもとづいた“トレンド衣装に合わせたヘアーデザイン”を作って下さい。ナチュラルなサロンスタイルではなく、オリジナリティーが加わったクリエイティブなデザインを。

         

        ◆競技規定

        ・競技タイム 30分 ・ウィッグカット(技術力・デザイン力・世界観)

        ・姿勢 ※ウィッグに対するメイク、装飾一切無し

        ・立ち振る舞い ・エントリー者のファッション

        ※テーマを事前にしっかりリサーチし、ステージ映えするデザインを考えてきてください。

        ※指定ウィッグは「ip500」とし、台下ワンレングス以上の状態で持参ください。

        ※カラー&パーマ&スタイリング等、仕込みは自由とします。

        カットスタートはウェット&ドライどちらでもかまいません。

        ※ヘアアクセサリーの使用は禁止です。

        ※ステージに出ることを前提とした内容なので、カット中の立ち振る舞いや姿勢、当日のファッションも審査対象となります。

         

        ◆表彰内容

        ・グランプリ各1名/賞金¥30,000、次回“ non-fiction 5”出場権、GK GOLD PASS※贈呈

        ・デザイナーズ・ジャーナル賞 各3名/賞金¥10,000、GK GOLD PASS※贈呈

        ※GK GOLD PASS …2019年ガモウ関西主催のセミナー

        「デザイナーズジム」と「クリエイターズライブ」の年間Freeパス

         

        ○日時:2018年10月29日(月) 14:30 〜 15:00

        ○場所:ガモウ関西神戸支店

        〒650-0032 神戸市中央区伊藤町110-2 伊藤町YANAGIDA ビル4F

        ○オーディション参加費¥4,320 税込 ポイント使用可

        神戸フォトコンテスト・ノンフィクションオーディション両方¥6,480 税込 ポイント使用可

        応募者全員にイベント“non-fiction 4”入場チケット配布(イベント内にて、当コンテスト表彰式を開催)

        NON FICTION 4 / 申込はPetixにて受付中

        2018.08.21 Tuesday

        0

          NON FICTION 4 シーソーゲーム 

          今年で4年目を迎えるこのイベントがグレードアップして今年も開催します!!切磋琢磨している美容師だからこそ出来るヘアデザインを、ステージ上で全力で表現します。

          様々な場面で活躍中の4人、メルシー杉川氏、スクリーン神谷氏と、神戸フォトコンテストグランプリ受賞者のルイス由良氏、スクリーン松尾氏による計4ステージのデザインライブを、「神戸アートビレッジセンター」にて開催。

          下克上的な、抜きつ抜かれつの好ゲームが観れる刺激的なステージは、目が離せません。

          そして本年度も来年の「NONFICTION」出演権を賭けた「KOBE PHOTO CONTEST 受賞式」と、今年初開催の「NONFICTION オーディション」も同日開催。(※オーディションも観たい方は別会場になります。)

          4者による個性あふれるカットライブと、(株)女性モード社 小池入江氏を交えてのリアルなトークセッション、そしてライブ終了後の受賞式では、グランプリに輝くデザイナーに来年の「NONFICTION」のステージの出場権を用意しているといった、刺激盛りだくさんの内容です。デザインを楽しみたい全ての皆様、必見です。

          ・DESIGNER

          merci 杉川 友洋

          SCREEN 神谷 翼

          Lewes 由良 武志

          SCREEN 松尾 弘明

          ・NAVIGATOR

          (株)女性モード社 小池 入江

          ・日程:2018年10月29日(月曜日) 17:00〜19:10

          ●イベント

          ・会場:神戸アートビレッジセンター 

          〒652-0811 兵庫県神戸市兵庫区新開地5丁目3−14

          ・受講料

          一般指定席:3,900 (税込 ポイント使用可)

          学生席:無料

          ※座席指定は神戸アートビレッジセンターで14:00から開始します。

          ●オーディション

          ・会場:ガモウ関西 神戸支店 〒650-0032 神戸市中央区伊藤町110-2 伊藤町YANAGIDA ビル4F

          (※オーディションも観たい方はこちらの会場になります。申込不要)

          ◆申込方法

          チケットはこちらのWEB サイトからご購入ください

          https://nonfiction4.peatix.com/

          ※先着順受付となります。予めご了承ください。

          ※本年度神戸フォトコンテスト出品者はお申し込み不要です。

           

          協 賛

          ウエラプロフェッショナル

          ホーユー株式会社

          タカラベルモント株式会社

           

           

          第23回 関西ヘアドレッシングアワーズ 授賞式 / 受付終了

          2018.08.09 Thursday

          0

            2018 KANSAI HAIR DRESSING AWARDS 

             

            皆様のクリエイティビティを表現する場として実施してまいりました関西ヘアドレッシングアワード

            KHAも、今年で23回目を迎えることができました。

            本年度のエントリー総数は、オフィシャル部門486作品/243デザイナー、

            ライジングスター部門288作品/288デザイナー、

            フューチャースター部門には88作品/88デザイナー。

            この中から、栄えある各賞が発表されます。当日は619デザイナーの862作品全てが場内に展示され、皆様のクリエイティブマインドに大いなる刺激を与えてくれることでしょう。

            ヘアドレッシングフォトの可能性を見据え、時代に呼応し変化し続けるKHA。

            あなたもヘアドレッシングフォトの最前線を目撃してください。

             

            □ 日程 2018年10月1日 月曜日

            □ 会場 ホテルグランヴィア京都3F 源氏の間

            〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸通塩小路下る JR京都駅中央口

            □ 時間 OPEN17:00 PARTY START 18:00 - 20:30

            □ 入場 ¥9,720 税込

            □ 審査員

            進藤 郁子/SHISEIDO 

            太市/SIDE BURN  

            鳥羽 直泰/VeLO 

            根本 貴司/Double

            山田 千恵/DaB

            INFASパブリケーションズ

             

            ※エントリーの方はお申込不要です。

             

             

            PEEK-A-BOO LIVE / 受付終了

            2018.07.11 Wednesday

            0

              PEEK-A-BOO が提案しているスタイルを、モデルデモンストレーションを通して披露して頂きます。

              女性が持つ魅力を最大限に引き上げる、世界最高峰の技術をじっくり見て頂けます。

              美容の仕事の素晴らしさと奥深さ、カットデザインに対しての追求等、今もなおサロンワークをバリバリされているレジェンドから、多くのことを学んで頂けます。

               

              日程:2018年9月10日(月曜日) 15:00〜17:00

              受講料:¥5,400 (税込・ポイント利用可)

              ※本年度PEEK-A-BOO アカデミー受講生の皆様はお申込不要です。

              会場:ガモウ関西 京都スタジオ 

              〒604-0035 京都府京都市中京区釜座通二条下ル上松屋町690-1

              お申込:FAXまたはセミナーアプリなどのWEBフォームより受付

               

              川島 文夫

              HEAD OF PEEK-A-BOO

              1975年 川島 文夫 英国より帰国、デモストレーションやライブショーを日本各地で開催する

              1977年 PEEK-A-BOO 川島文夫美容室を表参道にオープン

              第1回PEEK-A-BOOライブショーを開催

              1981年 PEEK-A-BOO ANNEX(アネックス)を表参道にオープン

              1983年 PEEK-A-BOO EXTENTION(エクステンション)を竹下通りエリアにオープン

              1985年 PEEK-A-BOO HEAD OFFICE & STUDIOを表参道に開設

              1986年 PEEK-A-BOO 原宿を原宿明治通りにオープン

              1987年 日本青年館劇場に於いて10周年 &『WISH YOU WERE HERE』出版記念ヘアショーを開催

              1988年 PEEK-A-BOO EXTENTIONを竹下通りエリアから表参道に移転オープン

              PEEK-A-BOO HEAD OFFICEを移転

              1992年 新社屋ビル落成に伴いPEEK-A-BOO 本店としてサロンをオープン

              PEEK-A-BOO本店開店に伴い、PEEK-A-BOO川島文夫美容室をPEEK-A-BOO表参道と改名

              1997年 PEEK-A-BOO OLYMPIAを表参道にオープン

              1999年 日本青年館劇場に於いてミレニアム イベント PEEK-A-BOO LIVE 1999を開催

              2000年 表参道コレクションOCヘアショーに参加 以後毎年参加

              台湾にてのカット講習会を開始 以後毎年台北・台中を訪れる

              2001年 PEEK-A-BOOを原宿明治通りにオープン

              2002年 オルタネイティブ ヘアショーLONDONにゲストとして参加協力

              PEEK-A-BOO 原宿をリニューアルオープン

              2003年 第4回 アジア ビューティエキスポ に出演

              2004年 REVLON PROFESSIONAL SHOW IN SPAIN に出演

              2005年 上海・北京にてカット教室を開講 以後毎年実施

              2006年 GINZA PEEK-A-BOOを銀座にオープン

              2008年 GINZA PEEK-A-BOOをGINZA PEEK-A-BOO 並木通りとして2フロアにリニューアルオープン

              2009年 PEEK-A-BOO 青山を青山に開店

              同日、PEEK-A-BOO 表参道をリニューアルオープン

              2010年 PEEK-A-BOOをPEEK-A-BOO 原宿明治通りとしてリニューアルオープン

              上海・ソウル・香港にての講習会を開催 以後毎年実施

              2011年 COLOMER STYLE MASTERSヘアショー IN AMSTERDAMに出演

              2012年 PEEK-A-BOO AVEDA 池袋東武を池袋にオープン

              2013年 PEEK-A-BOO OLYMPIAをリニューアルオープン

              のちにPEEK-A-BOOオリンピア原宿と改名

              2014年 渋谷Hikarieに於いて単独ヘアショー

              PEEK-A-BOO LIVE『GREAT DESIGNERS Premium super live』を開催

              2015年 GINZA PEEK-A-BOO 中央通りをオープン

              GINZA PEEK-A-BOO 並木通りをリニューアルオープン

              2016年 PEEK-A-BOO NEWoMan新宿を新宿にオープン

              PEEK-A-BOO AVEDA アトレ恵比寿を恵比寿にオープン

              2017年 GINZA PEEK-A-BOO AVEDA GINZA SIXを銀座にオープン

              1975年 川島 文夫 英国より帰国、デモストレーションやライブショーを日本各地で開催する

              1977年 PEEK-A-BOO 川島文夫美容室を表参道にオープン

              第1回PEEK-A-BOOライブショーを開催

              1981年 PEEK-A-BOO ANNEX(アネックス)を表参道にオープン

              1983年 PEEK-A-BOO EXTENTION(エクステンション)を竹下通りエリアにオープン

              1985年 PEEK-A-BOO HEAD OFFICE & STUDIOを表参道に開設

              1986年 PEEK-A-BOO 原宿を原宿明治通りにオープン

              1987年 日本青年館劇場に於いて10周年 &『WISH YOU WERE HERE』出版記念ヘアショーを開催

              1988年 PEEK-A-BOO EXTENTIONを竹下通りエリアから表参道に移転オープン

              PEEK-A-BOO HEAD OFFICEを移転

              1992年 新社屋ビル落成に伴いPEEK-A-BOO 本店としてサロンをオープン

              PEEK-A-BOO本店開店に伴い、PEEK-A-BOO川島文夫美容室をPEEK-A-BOO表参道と改名

              1997年 PEEK-A-BOO OLYMPIAを表参道にオープン

              1999年 日本青年館劇場に於いてミレニアム イベント PEEK-A-BOO LIVE 1999を開催

              2000年 表参道コレクションOCヘアショーに参加 以後毎年参加

              台湾にてのカット講習会を開始 以後毎年台北・台中を訪れる

              2001年 PEEK-A-BOOを原宿明治通りにオープン

              2002年 オルタネイティブ ヘアショーLONDONにゲストとして参加協力

              PEEK-A-BOO 原宿をリニューアルオープン

              2003年 第4回 アジア ビューティエキスポ に出演

              2004年 REVLON PROFESSIONAL SHOW IN SPAIN に出演

              2005年 上海・北京にてカット教室を開講 以後毎年実施

              2006年 GINZA PEEK-A-BOOを銀座にオープン

              2008年 GINZA PEEK-A-BOOをGINZA PEEK-A-BOO 並木通りとして

              2フロアにリニューアルオープン

              2009年 PEEK-A-BOO 青山を青山に開店

              同日、PEEK-A-BOO 表参道をリニューアルオープン

              2010年 PEEK-A-BOOをPEEK-A-BOO 原宿明治通りとしてリニューアルオープン

              上海・ソウル・香港にての講習会を開催 以後毎年実施

              2011年 COLOMER STYLE MASTERSヘアショー IN AMSTERDAMに出演

              2012年 PEEK-A-BOO AVEDA 池袋東武を池袋にオープン

              2013年 PEEK-A-BOO OLYMPIAをリニューアルオープン

              のちにPEEK-A-BOOオリンピア原宿と改名

              2014年 渋谷Hikarieに於いて単独ヘアショー

              PEEK-A-BOO LIVE『GREAT DESIGNERS Premium super live』を開催

              2015年 GINZA PEEK-A-BOO 中央通りをオープン

              GINZA PEEK-A-BOO 並木通りをリニューアルオープン

              2016年 PEEK-A-BOO NEWoMan新宿を新宿にオープン

              PEEK-A-BOO AVEDA アトレ恵比寿を恵比寿にオープン

              2017年 GINZA PEEK-A-BOO AVEDA GINZA SIXを銀座にオープン

              PEEK-A-BOO美容室は現在、東京都内に9店舗を展開し300名のスタッフを擁する技術集団。

              川島文夫をはじめ数多くのトップスタイリストがサロンワークの傍らヘアシューティング・セミナー・雑誌撮影、国内外でも講習やアカデミーを展開。

              美容室は現在、東京都内に9店舗を展開し300名のスタッフを擁する技術集団。

              川島文夫をはじめ数多くのトップスタイリストがサロンワークの傍らヘアシューティング・セミナー・雑誌撮影、国内外でも講習やアカデミーを展開。

               

              ◇受講生の声

              「仕事のスピードやブローの技術とても勉強になりました。」

              「短時間でのカットとても感動しました。お客様に使って行きます。」

              「とても沢山勉強させて頂きました。ありがとうございます。」

              「楽しい時間でした。ありがとうございました。」

              「とにかくすごいと思いました!!まだお店でカットのレッスンをしていないので少し難しい所もありましたが、分かりやすく楽しく見る事が出来ました。すごくプロの仕事を感じることができました。ありがとうございました。」

              「カットのフォームが勉強になった。進行具合が良かった。」

              「凄く勉強になった。」

              「とても勉強になりました。ありがとうございました。」

              「カットしている所が全部見れて良かったです。ブローも見れて良かった。」

              「間近で見られてとても良かったです。次回からの仕事に活かして行きたいです。楽しんでカットして行こうと思います。素敵なスタイルばかりでした。」

              「仕事が早くて綺麗ですごく感動しました。2 時間だけで沢山のスタイルを見れてとても勉強になりました。姿勢だったりアシスタントされていたスタッフの方のブローもとても勉強になりました。」

              「同じカットの仕方でそれぞれの仕上がりが見れてとても勉強になりました。」

              「お客様にさせて頂きたいスタイルのポイントが沢山見れてよかった。」

              「テンポが良く何人もモデルさんをカットしている姿はすごかった。」

              「凄く勉強になりました。また来年も受講します。」

              「カットの重要性、ごまかしが無い本物を見せて頂きました。」

               

               

              Designer’s gym by favorite garden / 受付終了

              2018.07.11 Wednesday

              0

                良いと思うことに対してフレキシブルに変えられる考えは、変えない。

                 

                常に新しいヘアスタイルの創作・情報を発信し続けるトップクリエイターをお迎えしてのデザイナーズジム。

                モデルさんに似合わせたカット&カラーor パーマを駆使し、美容師だからこそのヘアースタイルを撮影まで通して披露頂きます。

                技術&デザイン論・撮影論・サロンワークについて等、頭の中でいつも考えられている事をお話して頂きながら作品を創って頂き、2スタイルの撮影まで見れる盛りだくさんの内容です。

                「美容師だからこそ出来る仕事の可能性」を、是非間近で感じて下さい。

                 

                講師:齋藤 隆志 / FAVORITE GARDEN

                2004年にFAVORITE GARDENオープン。

                2017年9月に広島市に2店舗目となるfavorite garden並木店をオープン。

                JHAにて各種部門にてノミネート、受賞多数。

                現在サロンワークの傍、日本全国をセミナー、撮影などで飛び回る日々。

                photographerとしても活躍中。

                JHA NEWCOMER OF THE YEAR ファイナリスト(2010/2014)

                JHA RISING STAR OF THE YEAR 中国・四国エリア賞(2015)

                JHA RISING STAR OF THE YEAR ファイナリスト

                (2010/2011/2013/2015/2016/2017)

                 

                日程:2018年9月17日(月曜日)

                時間:14:30〜18:30

                受講料:¥5,400 (税込・ポイント利用可)

                会場:ガモウ関西 京都スタジオ

                〒604-0035 京都市中京区釜座通二条下ル上松屋町690-1

                お申込:FAXまたはセミナーアプリから受付

                 

                NEXT DOOR 4 / 受付終了

                2018.07.10 Tuesday

                0

                  アコガレ、その向こうネクスト

                   

                  アコガレは何を生む? パーソナルなアコガレをアウトプットすると、どうなる?

                  三重で活躍するヘアデザイナーにより、三重から新しいヘアデザインを考え、舞台でクリエイトし、美容の未来を発信するイベント[NEXT DOOR]。

                  第4回を迎える今回のテーマは「アコガレ、その向こう」。

                  自身のアコガレ、影響を受けたその土台のネクストにあるデザインを、7名のヘアデザイナーが表現します。

                   

                  ● 日程:2018年9月24日(月)

                  ● 時間:開場 16:00 開演 16:30 終演 18:30

                  ● 会場:三重県総合文化センター 小ホール

                   

                  ● 出演ヘアデザイナー

                  宮田 誠規 broche

                  渡辺 仁史 teto hair

                  松木 宏紀 D.C.T.

                  ● オーディション / 選出ヘアデザイナー

                  別所 裕司 μ

                  山本 拓弥 D.C.T.

                  城田 香奈 green

                  林 直紀 palettes

                  佐藤 茉也加 MANY

                   

                  ● ナビゲーター

                  星 比奈子 / 新美容出版株式会社

                   

                  ● ticket... 一般チケット ¥4,320 /師弟チケット ¥1,080

                  美容学校生 無料ご招待

                  【美容学校生の方】●全席指定となり

                  【師弟チケット】

                  ●師弟チケットは25歳以下の美容師様を対象とした優待価格チケットとなっております。

                  必ず年齢をご確認の上でお申し込みください。

                  ●師弟チケットは一般チケットをご購入のお1人様につき、2名様までお申し込み頂けます。

                   

                   

                  ○ 宮田 誠規 broche プロフィール

                  broche代表

                  石川県生まれ 愛知美容学校卒業

                  三重県内2店舗を経て 2007年に『broche』をオープン。

                  【2010 JHA中部エリアノミネート】

                  【2010 KHAオフィシャルファイナリスト】

                  【2011 D1東海地区代表】

                  【2012 JHA中部エリア賞】

                  【NBC第1回フォトグランプリ】

                  【2013・2017 JAPAN HAIRDRESSER OF THE

                  YEARファイナリスト】その他コンテスト受賞履歴多数。

                  美容専門誌やセミナー講師などで活躍。

                   

                  ○ 渡辺 仁史 teto hair プロフィール

                  名古屋市内2店舗を経て、2015年4月に『teto hair』

                  を大須にオープン。

                  SNSや口コミにより新規集客にも成功し、リピート客も絶えない。

                  ハイカジュアルなデザインの幅広い発信で業界内・外で注目を集めている。

                  【2016・2017 DA inspireエリアグランプリ】

                  【2015・2017 MILBON photorevolution 審査員

                  賞受賞】

                  【2016 JHA AREA STYLIST OF THE YEAR ノミネート】その他コンテスト受賞履歴多数。

                   

                  ○ 松木 宏紀 D.C.T. プロフィール

                  松木 宏紀

                  1976年生まれ。大阪のサロンを1店舗を経て2002年25歳でDCTオープン。

                  2013年にame Anniversary cafe をオープン、サロンワークの傍ら、セミナー・撮影など多岐に渡って活躍中。

                  ■JHA2009・JHA2010・JHA2011 / 中部エリア ノミネート

                  ■JHA2013 / NEW COMER OF THE YEAR ノミネート

                  ■JHA2014 / 大賞部門 ノミネート

                  ■JHA2015 / 大賞部門 ノミネート

                  ■THA2013 / デザイナーズ賞受賞

                  ■2010・2011 MILBON PHOTO REVOLUTIONデザイナーズ賞受賞

                  ■WELLA TREND VISION award2013 ゴールドアワード受賞〈カラーアワード〉

                  ■WELLA TREND VISION award2013 ワールドファイナル出場〈カラーアワード〉

                  ■WELLA TREND VISION award2014 シルバーアワード受賞〈カラーアワード〉

                  ■WELLA TREND VISION award2015 ゴールドアワード受賞〈カラーアワード〉

                  ■2016 CBC TV 番組『本能Z』出演

                  ■2017 ALTERNATIVE hairshow VISIONARYAWARD ファイナリスト

                  ■JHA2017/ グランプリ受賞

                   

                  宮田のアコガレ

                  「シンメトリー、アシンメトリー、デシンメト リーと様々なバランスに魅了され見えな い斜線が作るバランスに憧れ、ヘアデ ザインの奥深さを教えていただいた あの頃からずっとアコガレいます..」

                   

                  別所のアコガレ

                  「はじめて買ったマックィーンの 写真集。中身、パッケージから 全部が刺激的で"本物"のクオリティを知りました。 唯一無二のデザイン、見る人の記憶に残るデザインを求めて挑戦し続けたい。」

                   

                  山本のアコガレ

                  「アコガレの存在は松木オー ナーです!そんな偉大な背中を間近で見させていただきならが 輝かしいタイトルをいつか自分も獲って結果で恩返ししたいで !

                   

                  城田のアコガレ

                  「今年89歳を迎えるアレハンド ロホドロフスキー監督。彼が23 年振りに作った映画、リアリティ のダンスを観た時にそのエネル ギッシュで壮大な世界に圧倒さ れました。もっともっと映画を撮りたいと話す、彼の仕事に対するピュアでパワフルな姿にアコガ レてます。」

                   

                  渡辺のアコガレ

                  「僕が店をオープンできているのは、亡くし た父親がお店を出す時に困らないように と、資金を貯めていてくれたおかげです。 そんな自分よりも人の幸せを考えられる父 親が誰よりもアコガレであり尊敬してます。 父親 = teto hairです。」

                   

                  林のアコガレ

                  「オーナーに教えてもらった ファッション、フォトの世界です。 「自由な表現とその無限大の可 能性を見せていただきました。」

                   

                  佐藤のアコガレ

                  「やっぱりオーナーの城間です。 「技術だけではなく、誰からも慕 われて愛される人柄、尊敬でき る私の憧れです。」

                   

                  松木のアコガレ

                  「ギネスブックに載るような、、、 僕は歴史に残る美容師を目指 しています。」

                   

                   

                  三都杯 DESIGNER’S CONTEST / 各部門エントリー受付終了

                  2018.06.22 Friday

                  0

                    三都杯は、関西エリアの美容室を中心的なエントリー対象とした美容技術、ヘアデザインコンテストです。

                    エントリー数も回を重ねるにつれ上昇し、エリアコンテストとしては屈指の競技レベルを有するものとして、おかげさまで全国的にも注目されるようになりました。

                    デザイナーズ部門、U-29デザイナーズ部門、ウィッグデザイン部門、ワインディング部門に、今年から美容学生様向けの学生部門を開催。

                    合計5部門より、年に一度の熱い競技が繰り広げられます。

                    また、デザイナーズ部門は例年通り2ラウンド方式となり、8/27(月)の予選大会でファイナリスト6名が決定、12/3(月)の決勝大会において各賞が争われます。

                    決勝大会進出の狭き門はモデルデザイン発表の機会として、多くの実力あるヘアデザイナーの注目を集めています。

                     

                    さらに、デザイナーズ部門ではスタイルフォトからデザインのバランスやイメージを分析し、どこまでウィッグで表現できるかを競うスタイルフォトカット競技があり、より一層ハイレベルな内容となっております。

                    混迷の美容業界にあり、「デザイン力と技術力」は美容師の一生涯の財産であること、また美容室の重要な経営資源であることに変わりはありません。

                    三都杯デザイナーズコンテストは、美容師の皆様の日々の研鑽努力が実る瞬間をご提供すると共に、美容業界全体の発展に寄与する役目を担って参りたいと考えています。

                     

                    日程 2018.8.27 MON

                    会場 京都市勧業館/みやこめっせ

                    時間 開会式 10:15

                    終了 18:30予定

                    入場料 前売券 ¥2,700(税込) 当日券 ¥3,000(税込)

                    ※16:30からの表彰式より入場されるお客様はチケット不要。

                    ※エントリー料・入場料の一部を、寄付させて頂きます。

                     

                    三都杯デザイナーズ部門 決勝大会グランプリ受賞者へは、

                    副賞として“WELLA グローバルツアー in Los Angeles”が贈られます!

                    多くの勇気ある皆様のエントリーをお待ちしております。

                     

                    審査員

                    岡村 享央 / MINX

                    古城 隆 / DADA CuBiC

                    西村 晃一 / Nicole.

                    森川 丈二 / hair make gem

                    kaako / SOHO ヨハコ

                     

                    吉村 英美 / DADA CuBiC (COLOR 審査員)

                    岩上 晴美 / kakimoto arms (COLOR 審査員)

                     

                    GO / Befine (スクール部門審査員)

                    中山 拓也 / Horide (スクール部門審査員)

                    坂山 和志 / ELLY LONDON (スクール部門審査員)

                     

                    新美容出版 株式会社

                    株式会社 女性モード社

                    株式会社 髪書房

                    有限会社 髪の文化舎

                    INFASパブリケーションズ 株式会社(INFASパブリケーションズ特別賞)

                    ウエラサロンプロフェッショナル 技術教育部 (サロン部門審査員)

                     

                    デザイナーズ部門/U-29デザイナーズ部門/ウィッグデザイン部門

                    共通競技テーマ 「NEO STREET」 ネオストリート

                     

                    三都杯は、ファッションの世界で例えると「コレクション」をイメージしています。

                    コレクションとは、デザイナーが時代の流れを感じとって、そこに自分のメッセージを込め作品を発表する場。

                    コレクションで発表された服そのままを街で着て歩いている人はきわめて少ないですが、そこから発信されたエッセンスが落とし込まれリアルクローズへとつながっていく。

                    そしてファッションの流れを作っていく。三都杯もそんなポジショニングを目指しています。

                    三都杯から次のヘアデザインが生れる。それは決して「リアル」なヘアスタイルでもなく、かといって時代性を無視したファンタジーヘアでもない。

                    「NEO STREET」というテーマのもと、時代性を感じさせつつ、NEXTを切り開くような新鮮なヘアデザインを見せて下さい。

                     

                    テーマ解説 / INFASパブリケーションズより

                    「ヴェトモン」などの登場により火がついたストリートスタイルがバリエーションを広げて登場。

                    スニーカー、ライン入りパンツにジャンパーなど、スポーツやワークをベースとしたアイテムは90年代の裏原ブームとも重なり、大人が楽しめるストリートを目指して落ち着いたトーンが主流に。

                    それ以外にもユニフォームを想起させる色も目立ち、ワンピースやシルクスカーフなど、フェミニンなアイテムと組み合わせる例、グランジやパンクを加味したちょいワルまで、幅広い層をターゲットに拡大中。

                     

                    デザイナーズ部門

                    エントリー料

                    ¥17,600(税込)

                    ・アシスタント入場チケット代込

                    ・当日配布ウィッグ(ユーロプレステージip500)代込

                     

                    U-29デザイナーズ部門

                    エントリー料 ¥10,800(税込)

                    ・アシスタント入場チケット代込

                    ・当日配布ウィッグ(ユーロプレステージip500)代込

                     

                    ウィッグデザイン部門

                    エントリー料  ¥10,800(税込)

                     

                    ワインディング サロン部門

                    エントリー料 ¥5,400(税込)

                     

                    ワインディング スクール部門

                    エントリー料 ¥2,160(税込)

                     

                    WEB申込URL

                    http://gamo-kansai.jp/event/entry/

                     

                     

                     

                     

                    三都杯DESIGNER’S CONTEST 2018 / デザイナーズ部門 / エントリー受付終了

                    2018.06.22 Friday

                    0

                      デザイナーズ部門/U-29デザイナーズ部門/ウィッグデザイン部門

                      共通競技テーマ 「NEO STREET」 ネオストリート

                       

                      三都杯は、ファッションの世界で例えると「コレクション」をイメージしています。

                      コレクションとは、デザイナーが時代の流れを感じとって、そこに自分のメッセージを込め作品を発表する場。

                      コレクションで発表された服そのままを街で着て歩いている人はきわめて少ないですが、そこから発信されたエッセンスが落とし込まれリアルクローズへとつながっていく。

                      そしてファッションの流れを作っていく。三都杯もそんなポジショニングを目指しています。

                      三都杯から次のヘアデザインが生れる。それは決して「リアル」なヘアスタイルでもなく、かといって時代性を無視したファンタジーヘアでもない。

                      「NEO STREET」というテーマのもと、時代性を感じさせつつ、NEXTを切り開くような新鮮なヘアデザインを見せて下さい。

                       

                      テーマ解説 / INFASパブリケーションズより

                      「ヴェトモン」などの登場により火がついたストリートスタイルがバリエーションを広げて登場。

                      スニーカー、ライン入りパンツにジャンパーなど、スポーツやワークをベースとしたアイテムは90年代の裏原ブームとも重なり、大人が楽しめるストリートを目指して落ち着いたトーンが主流に。

                      それ以外にもユニフォームを想起させる色も目立ち、ワンピースやシルクスカーフなど、フェミニンなアイテムと組み合わせる例、グランジやパンクを加味したちょいワルまで、幅広い層をターゲットに拡大中。

                       

                      ○エントリー料

                      ¥17,600(税込)

                      ・アシスタント入場チケット代込

                      ・当日配布ウィッグ(ユーロプレステージip500)代込

                      ○参加資格

                      全てのヘアデザイナー

                      予選通過の場合、12月3日(月)の決勝大会に出場可能な方に限ります。

                       

                      ○モデルデザインテーマ

                      「NEO STREET」に基づいたデザインであること

                       

                      ○定員:120名 ※定員になり次第締切

                       

                      ○競技時間

                      スタイルフォトカット45分

                      (課題スタイル分析〜ノート・ダイヤグラム作成〜カット・ドライまで)

                      モデルデザイン40分

                      (カット〜フィニッシュまで)

                       

                      ○表彰内容

                      ・ファイナリスト 6名(楯・決勝大会出場権・奨励金10万円)

                      ・優秀賞 エントリー数に応じて変動 (賞金3万円・楯・決勝大会S席チケット)

                      ・スタイルフォトカット優秀賞 2名(楯)

                      ・カラーデザイン特別賞 2名(楯・賞金2万)

                      ・INFASパブリケーションズ特別賞 2名(楯・賞金2万)

                      ※決勝大会グランプリの方には“WELLA グローバルツアー in Los Angeles”贈呈

                      (決勝大会は昨年同様にモデル3名の「クリエイティブステージ」+こちらで準備したモデル1名の「リアルサロンワークカット」の2種目で競って頂きます。)

                       

                      ○スタイルフォトカット 審査基準 (減点方式)

                      ベースカット力を重視

                      スタイルフォトからデザインのバランスやイメージを分析し、どこまでウィッグで表現できるか。

                      モデルデザインの審査点から減点される。

                       

                      ○スタイルフォトカット 準備物

                      指定ウィッグ(ユーロプレステージip500)を使用※ 指定ウィッグは当日会場にて配布いたします。

                      カット用具一式、ドライヤー、ブラシ類、タオル4枚以上、卓上型クランプ(万力タイプ)、スプレイヤー、ダッカール、筆記用具 等

                       

                      ○スタイルフォトカット 規定

                      ●指定ウィッグ(ユーロプレステージip500)を使用

                      ●指定ウィッグは当日会場にて配布いたします

                      ●配布される「ダイヤグラムシート」をノートとして使用し、展開図やメモ等を書いて、ウィッグと共に提出(シートの内容は採点には含まれません)

                      ●スタート時はドライでもウェットでも良い

                      ●シザーで行うこと

                      ●毛量調整(セニング)の有無は自由。(但し、レザー、セニングシザーの使用 は禁止) ※ベースカット力を重視します。

                      ● 競技中はハンドラ、ブラシ、コームのみ使用可

                      ● アイロン、コテ、バリカン、スタイリング剤など使用不可

                      ●ブロッキングを行う場合は競技時間内に行うこと

                      ※競技時間の最初と最後の5分間のみ展示される「課題スタイルフォト」をしっかり見て、スタイルを45分で作って下さい。ベーシックなカットテクニックと理解力、分析力、応用力が要求されます。

                      ※ダイヤグラムシートは得点に含まれませんが、必ず提出すること。

                       

                      ○モデルデザイン審査基準(加点方式)

                      カットによるスタイルチェンジを重視

                      テーマ性,オリジナリティー,時代性,テクニック,ネイルまで含めたトータルバランス、似合わせ

                       

                      ○モデルデザイン準備物

                      モデル(女性モデル)

                      ※アシスタント・モデルの受付は9:30〜可能で、控室にも入室して

                      頂けます。

                      ※モデルの受付は12:30までに必ず済ませてください。

                      カット用具一式、ドライヤー、カール・ストレートアイロン※ハンドラ1200W以下/コンセントは1人につき2口(アイロン・カーラーの合計は200W以下とします)

                      バリカン、ブラシ類、タオル4枚以上、スプレイヤー、ダッカール、スタイリング剤、鏡

                      ストップウォッチ、タイマーの使用可、筆記用具 等

                      モデル審査時 必要品(膝掛け、飲み物、等)

                      ※当日の道具の貸出は致しておりませんので、必要なものは必ずご持参ください

                       

                      ○モデルデザイン規定

                      ●カットによるスタイルチェンジがなされていることが、審査に大きく反映されます。

                      ※当日、削ぎだけのカットは不可。

                      ●モデル受付時, ロッド等髪に何もついていない状態でビフォア写真撮影(前後)があります。

                      ●カットは水滴が滴り落ちない程度にしっかり濡らされたウェット状態からスタートすること。

                      ※ウエット状態が甘い場合は弊社スタッフが濡らします。

                      ●モデルは女性に限る。

                      ●メイクは競技開始迄にすませておくこと。他のものがおこなっても良いが控え室に入室可能なアシスタントは1名まで。途中交代不可。

                      ●衣装スタイリストの別途入室も不可。

                      ●アシスタントが競技会場に入る際、ギャラリーチケットは不要です。

                      ●パーマ・カラー・ネイルは他のものが行っても良い。

                      ●デザイナーズ部門受付は9:30〜、控え室には受付終了後、入室頂けます。

                      ※フィッテイングルームの使用も可。

                      ●モデルの受付は12:30までに必ず済ませてください。

                      ●競技中のアシスタント不可(モデルヘルプは可)。

                      ●エクステンション使用不可。

                      ●カーラー類・アイロン類・ドライヤーの使用

                      時間はスタート時から自由。

                      ※コンセントは1人につき2口(アイロン・カーラーの合計は200W以下とします)。

                      ●ハンドラ1200W以下。

                      ●ブロッキング,カーラー類を装着されたままでの競技スタート不可。

                      ●仕込み会場でドライヤー等、コンセントは一切は使用できません。また、競技エリア外でのコンセントの使用は一切できません。

                      ●パーマ,カラーは自由。

                      ●スタイリング剤自由。

                      ●ヘアアクセサリー・カラースプレーの使用不可。

                      ●会場の廊下,ホワイエでの仕込みは禁止します。

                      ●審査時間が長いので,モデル用の飲み物,膝掛けを当日必ずご持参下さい。

                      ●ストップウォッチ、タイマーの使用可。

                      ●会場にはシャンプー設備、鏡、ワゴン等はありません。