RSS | ATOM | SEARCH
三都杯DESIGNER’S CONTEST 2017 /U-29 デザイナーズ部門 / 申込受付中
三都杯は、ファッションの世界で例えると「コレクション」をイメージしています。
コレクションとは、デザイナーが時代の流れを感じとって、そこに自分のメッセージを込め作品を発表する場。
コレクションで発表された服そのままを街で着て歩いている人はきわめて少ないですが、そこから発信されたエッセンスが落とし込まれリアルクローズへとつながっていく。
そしてファッションの流れを作っていく。三都杯もそんなポジショニングを目指しています。
三都杯から次のヘアデザインが生れる。それは決して「リアル」なヘアスタイルでもなく、かといって時代性を無視したファンタジーヘアでもない。
「MULTIPLE CULTURES & DIY」というテーマのもと、時代性を感じさせつつ、NEXTを切り開くような新鮮なヘアデザインを見せて下さい。
○共通競技テーマ
MULTIPLE CULTURES & DIY / マルチプル カルチャーズ アンド ディーアイワイ
○テーマ解説 / INFASパブリケーションズより
三都杯コンセプト
最近、世界中で発生している異文化の衝突と共存。そんな世の中の流れを反映して、ファッション
の世界では異なる要素を複数組み合わせつつ、絶妙なバランスをとるスタイルが目立っています。
フォークロア調の生地を複数組み合わせたり、ひとつの柄の中にいくつもの文化の要素を取り入
れたり。ただし、“衝突”をキーワードにしつつ、その中にDIY(Do it Yourself)感覚のぬくもりを加え
ることが重要で、パッチワークやステッチといった手作業風ディテールでホッとさせています。相反
する素材を組み合わせつつ、あくまで“調和”に着地させることが非常に重要となっています。
○エントリー料
¥10,800(税込)
・アシスタント入場チケット代込
・当日配布ウィッグ(ユーロプレステージip500)代込
○参加資格
コンテスト当日29歳以下の方
○モデルデザインテーマ
「MULTIPLE CULTURES & DIY」に基づいたデザインであること
○定員
○競技時間
スタイルフォトカット45分
(課題スタイル分析〜ノート・ダイヤグラム作成〜カット・ドライまで)
モデルデザイン40分
(カット〜フィニッシュまで)
○表彰内容
・優  勝 1名(楯・賞金8万円)/ 翌年度デザイナーズ部門出場権贈呈
・準優勝 1名(楯・賞金5万円)/ 翌年度デザイナーズ部門出場権贈呈
・第3位 1名(楯・賞金3万円)/ 翌年度デザイナーズ部門出場権贈呈
・優秀賞 エントリー数に応じて変動 (楯・賞金1万円)
・スタイルフォトカット優秀賞 2名(楯)
・カラーデザイン特別賞 2名(楯・賞金1万円)
・INFASパブリケーションズ特別賞 2名(楯・賞金1万円)
○スタイルフォトカット 審査基準 (減点方式)
ベースカット力を重視
スタイルフォトからデザインのバランスやイメージを分析し、どこまでウィッグで表現できるか。
モデルデザインの審査点から減点される。
○スタイルフォトカット 準備物
指定ウィッグ(ユーロプレステージip500)を使用※ 指定ウィッグは当日会場にて配布いたします。
カット用具一式、ドライヤー、ブラシ類、タオル4枚以上、卓上型クランプ(万力タイプ)、スプレイヤー、ダッカール、筆記用具 等
○スタイルフォトカット 規定
●指定ウィッグ(ユーロプレステージip500)を使用
●指定ウィッグは当日会場にて配布いたします
●配布される「ダイヤグラムシート」をノートとして使用し、展開図やメモ等を書いて、ウィッグと共に提出(シートの内容は採点には含まれません)
●スタート時はドライでもウェットでも良い
●シザーで行うこと
●毛量調整(セニング)の有無は自由。(但し、レザー、セニングシザーの使用 は禁止)  ※ベースカット力を重視します。
● 競技中はハンドラ、ブラシ、コームのみ使用可
● アイロン、コテ、バリカン、スタイリング剤など使用不可
●ブロッキングを行う場合は競技時間内に行うこと
※競技時間の最初と最後の5分間のみ展示される「課題スタイルフォト」をしっかり見て、スタイルを45分で作って下さい。ベーシックなカットテクニックと理解力、分析力、応用力が要求されます。
※ダイヤグラムシートは得点に含まれませんが、必ず提出すること。
○モデルデザイン審査基準(加点方式)
カットによるスタイルチェンジを重視
テーマ性,オリジナリティー,時代性,テクニック,ネイルまで含めたトータルバランス、似合わせ
○モデルデザイン準備物
モデル(女性モデル)
※アシスタント・モデルの受付は9:30〜可能で、控室にも入室して
頂けます。
※モデルの受付は12:30までに必ず済ませてください。
カット用具一式、ドライヤー、カール・ストレートアイロン※ハンドラ1200W以下/コンセントは1人につき2口(アイロン・カーラーの合計は200W以下とします)
バリカン、ブラシ類、タオル4枚以上、スプレイヤー、ダッカール、スタイリング剤、鏡
ストップウォッチ、タイマーの使用可、筆記用具 等
モデル審査時 必要品(膝掛け、飲み物、等)
※当日の道具の貸出は致しておりませんので、必要なものは必ずご持参ください
○モデルデザイン規定
●カットによるスタイルチェンジがなされていることが、審査に大きく反映されます。
※当日、削ぎだけのカットは不可。
●モデル受付時, ロッド等髪に何もついていない状態でビフォア写真撮影(前後)があります。
●カットは水滴が滴り落ちない程度にしっかり濡らされたウェット状態からスタートすること。
※ウエット状態が甘い場合は弊社スタッフが濡らします。
●モデルは女性に限る。
●メイクは競技開始迄にすませておくこと。他のものがおこなっても良いが控え室に入室可能なアシスタントは1名まで。途中交代不可。
●衣装スタイリストの別途入室も不可。
●アシスタントが競技会場に入る際、ギャラリーチケットは不要です。
●パーマ・カラー・ネイルは他のものが行っても良い。
●デザイナーズ部門受付は9:30〜、控え室には受付終了後、入室頂けます。
※フィッテイングルームの使用も可。
●モデルの受付は12:30までに必ず済ませてください。
●競技中のアシスタント不可(モデルヘルプは可)。
●エクステンション使用不可。
●カーラー類・アイロン類・ドライヤーの使用
時間はスタート時から自由。
※コンセントは1人につき2口(アイロン・カーラーの合計は200W以下とします)。
●ハンドラ1200W以下。
●ブロッキング,カーラー類を装着されたままでの競技スタート不可。
●仕込み会場でドライヤー等、コンセントは一切は使用できません。また、競技エリア外でのコンセントの使用は一切できません。
●パーマ,カラーは自由。
●スタイリング剤自由。
●ヘアアクセサリー・カラースプレーの使用不可。
●会場の廊下,ホワイエでの仕込みは禁止します。
●審査時間が長いので,モデル用の飲み物,膝掛けを当日必ずご持参下さい。
●ストップウォッチ、タイマーの使用可。
●会場にはシャンプー設備、鏡、ワゴン等はありません。
author:ガモウ関西, category:クリエイティブ, 18:49
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://gamo-kansai.jugem.jp/trackback/1169