三都杯 DESIGNER’S CONTEST / 各部門エントリー受付終了

2018.06.22 Friday

0

    三都杯は、関西エリアの美容室を中心的なエントリー対象とした美容技術、ヘアデザインコンテストです。

    エントリー数も回を重ねるにつれ上昇し、エリアコンテストとしては屈指の競技レベルを有するものとして、おかげさまで全国的にも注目されるようになりました。

    デザイナーズ部門、U-29デザイナーズ部門、ウィッグデザイン部門、ワインディング部門に、今年から美容学生様向けの学生部門を開催。

    合計5部門より、年に一度の熱い競技が繰り広げられます。

    また、デザイナーズ部門は例年通り2ラウンド方式となり、8/27(月)の予選大会でファイナリスト6名が決定、12/3(月)の決勝大会において各賞が争われます。

    決勝大会進出の狭き門はモデルデザイン発表の機会として、多くの実力あるヘアデザイナーの注目を集めています。

     

    さらに、デザイナーズ部門ではスタイルフォトからデザインのバランスやイメージを分析し、どこまでウィッグで表現できるかを競うスタイルフォトカット競技があり、より一層ハイレベルな内容となっております。

    混迷の美容業界にあり、「デザイン力と技術力」は美容師の一生涯の財産であること、また美容室の重要な経営資源であることに変わりはありません。

    三都杯デザイナーズコンテストは、美容師の皆様の日々の研鑽努力が実る瞬間をご提供すると共に、美容業界全体の発展に寄与する役目を担って参りたいと考えています。

     

    日程 2018.8.27 MON

    会場 京都市勧業館/みやこめっせ

    時間 開会式 10:15

    終了 18:30予定

    入場料 前売券 ¥2,700(税込) 当日券 ¥3,000(税込)

    ※16:30からの表彰式より入場されるお客様はチケット不要。

    ※エントリー料・入場料の一部を、寄付させて頂きます。

     

    三都杯デザイナーズ部門 決勝大会グランプリ受賞者へは、

    副賞として“WELLA グローバルツアー in Los Angeles”が贈られます!

    多くの勇気ある皆様のエントリーをお待ちしております。

     

    審査員

    岡村 享央 / MINX

    古城 隆 / DADA CuBiC

    西村 晃一 / Nicole.

    森川 丈二 / hair make gem

    kaako / SOHO ヨハコ

     

    吉村 英美 / DADA CuBiC (COLOR 審査員)

    岩上 晴美 / kakimoto arms (COLOR 審査員)

     

    GO / Befine (スクール部門審査員)

    中山 拓也 / Horide (スクール部門審査員)

    坂山 和志 / ELLY LONDON (スクール部門審査員)

     

    新美容出版 株式会社

    株式会社 女性モード社

    株式会社 髪書房

    有限会社 髪の文化舎

    INFASパブリケーションズ 株式会社(INFASパブリケーションズ特別賞)

    ウエラサロンプロフェッショナル 技術教育部 (サロン部門審査員)

     

    デザイナーズ部門/U-29デザイナーズ部門/ウィッグデザイン部門

    共通競技テーマ 「NEO STREET」 ネオストリート

     

    三都杯は、ファッションの世界で例えると「コレクション」をイメージしています。

    コレクションとは、デザイナーが時代の流れを感じとって、そこに自分のメッセージを込め作品を発表する場。

    コレクションで発表された服そのままを街で着て歩いている人はきわめて少ないですが、そこから発信されたエッセンスが落とし込まれリアルクローズへとつながっていく。

    そしてファッションの流れを作っていく。三都杯もそんなポジショニングを目指しています。

    三都杯から次のヘアデザインが生れる。それは決して「リアル」なヘアスタイルでもなく、かといって時代性を無視したファンタジーヘアでもない。

    「NEO STREET」というテーマのもと、時代性を感じさせつつ、NEXTを切り開くような新鮮なヘアデザインを見せて下さい。

     

    テーマ解説 / INFASパブリケーションズより

    「ヴェトモン」などの登場により火がついたストリートスタイルがバリエーションを広げて登場。

    スニーカー、ライン入りパンツにジャンパーなど、スポーツやワークをベースとしたアイテムは90年代の裏原ブームとも重なり、大人が楽しめるストリートを目指して落ち着いたトーンが主流に。

    それ以外にもユニフォームを想起させる色も目立ち、ワンピースやシルクスカーフなど、フェミニンなアイテムと組み合わせる例、グランジやパンクを加味したちょいワルまで、幅広い層をターゲットに拡大中。

     

    デザイナーズ部門

    エントリー料

    ¥17,600(税込)

    ・アシスタント入場チケット代込

    ・当日配布ウィッグ(ユーロプレステージip500)代込

     

    U-29デザイナーズ部門

    エントリー料 ¥10,800(税込)

    ・アシスタント入場チケット代込

    ・当日配布ウィッグ(ユーロプレステージip500)代込

     

    ウィッグデザイン部門

    エントリー料  ¥10,800(税込)

     

    ワインディング サロン部門

    エントリー料 ¥5,400(税込)

     

    ワインディング スクール部門

    エントリー料 ¥2,160(税込)

     

    WEB申込URL

    http://gamo-kansai.jp/event/entry/

     

     

     

     

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL